【TOPICS】

私たちの取り組み

もっと安心で、
もっと豊かな暮らしのために。
当社と株式会社HIROTSU バイオサイエンス(以下「HIROTSU バイオサイエンス」)は、がん検診の普及・啓発と社会課題であるがんの早期発見の支援を目的に、資本業務提携契約を締結しました。
日本では年間100万人程ががんに罹患していますが、医療技術の進展もあり早期がん(限局の状態)で診断された場合の5年相対生存率は9割を超え、早期発見・早期治療が予後を大きく左右することは明らかです。現状、早期発見にもっとも有効なのはがん検診であり、受診率の向上は喫緊の課題です。三井住友海上あいおい生命はMS&AD インシュアランスグループの強みである代理店網や取引企業との連携を活かして一人でも多くのお客さまへ「がん検診の大切さ」をお伝えすることを目標に、HIROTSU バイオサイエンスは簡便・安価・高精度ながんの一次スクリーニング検査 N-NOSE®(エヌノーズ)のさらなる普及を通じ、この社会課題の解決に向け貢献していきます。
【N-NOSE の概要】
①線虫の嗅覚を利用した世界初の生物診断検査。高精度と安価を両立し、1回の検査費用は約1万円。ごく少量の尿で全身網羅的にがんのリスクが調べられる。臨床研究において早期がん(ステージ0〜1)にも高精度で反応することが分かっており、痛みや放射線被ばくリスクなどの身体的負担がない。
②提携医療機関での受検のみならず、より利便性の高い新しい受検方法を展開しており、それによって日本のがん検診受診率の低迷を打開し、がんの早期発見への貢献が期待できる。
サステナビリティ取組の一環として、認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会(以下、JCV)」へポリオワクチン12万人相当分の寄付を行いました。サステナブルな社会の実現に向けて、2020年度もお客さまの「元気で長生き」を支える取組みを中心に、さまざまな活動を行いました。

1.健康で安心なくらしを支える活動

(1)世界の子どもにワクチンを贈る活動に

(2)脳卒中に関する啓発活動
2010年度から、公益社団法人日本脳卒中協会との共同事業「脳卒中プロジェクト」の一環として、「日本脳卒中協会セミナー」を開催。 2020年度末までに累計19,800人を超える方々が参加。

(3)健康・医療に関する情報を伝える活動
①WEBサイトによる情報発信 ②オープンセミナーの開催 ③バーチャル・リアリティ(VR)による情報提供

(4)認知症の「共生」と「予防」に貢献する活動

2.社会課題の解決に貢献する取組み

(1)日本の子どもの貧困問題解決に貢献

(2)高齢者の現況確認を通じた社会貢献

3.障がい者支援

(1)パラスポーツの振興・支援

(2)障がい者作業所製品のオンライン販売

4.地域貢献・社員活動

(1)ハートポイント制度による「鎮守の森のプロジェクト」への寄付

(2)企業の健康経営*を支援 *「健康経営」は特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標
地域の中小企業の持続的発展をサポートする取組みとして、「健康経営優良法人制度認定 制度」の普及に努めており、健康セミナーや、健康増進・生活習慣病予防対策に活用いただけるアプリなどをご用意し、企業の健康経営の推進も支援。

お客さまに健やかな人生を送っていただくために、ご自身の身体に目を向けていただき、身近な「健康」への気づきのきっかけとなる情報提供に努めています。まず、身近な健康情報を閲覧できる情報発信型WEBサイト「からだケアナビ」。「知っておきたい病気・医療」「健康マメ知識」など、“すぐに役立つ、ためになる”情報を提供しています。また、先進医療や最新の医学情報を閲覧できる専用WEB「先進医療.net」では、医療機関の詳細レポートや先進医療に関するコラムにより、最先端の医療に関する情報をお届けしています。
さらに、先進医療の基礎知識、先進医療に該当する技術および療養内容、その実施医療機関を調べることができる情報検索型WEBサイト「先進医療ナビ」の運営も行っています。
また、お客さまの安心のために生活習慣の改善をサポートする「生活習慣改善支援プログラム」も掲載しており、脳血管疾患や狭心症・心筋梗塞等を発症して、治療・リハビリを経たあと、ご自身の生活習慣や再発率を高める危険因子を理解し、お身体の状況に合わせて生活習慣の適切な改善策を実施するためのサポートを実施しています。
株式会社NTTデータ(以下「NTTデータ」)が新たに開発したWeb会議システムを活用して、募集から申込手続きまで非対面、完全ペーパーレスで行えるリモート募集手続きを2022年から開始しております。

1.リモート募集手続きの概要

(1)

新たなWeb会議システムを通じ、お客さまと代理店(募集人)がリモート面談。お客さまは、ご自身のパソコンやタブレット等を利用し、代理店(募集人)から案内されたURLにアクセスし、リモート面談を行っていただきます。
※お取扱い代理店については所定の条件があります。

(2)お客さま自身による、申込手続き操作 代理店(募集人)が電子申込手続きの画面をパソコンやタブレット等で共有し、双方が同じ画面を見 ながら手続きを進め、代理店(募集人)が画面の操作権限をお客さまにお渡しし、お客さまご自身で 申込入力いただき、すべての手続きをペーパーレスで行います。

(3)

署名レス 「申込確認ボタン」を押下いただくことで、お客さまの署名を省略します。押下いただく前に必ず申込内容に間違いがないかご確認のうえ、ボタンを押下いただきます。 お客さまと募集人がリモートでやりとりを行う生命保険募集手続きにおける署名レス対応は、業界でも最先端になります。 ※契約者・被保険者・保険料負担者が同一の契約が対象です(一部対象外となる契約があります)。

ヘルステックスタートアップUbie株式会社(代表:阿部吉倫・久保恒太)の受診相談サービス「AI受診相談ユビー」を2021年7月からお客さま向けに提供いたします。AIを用いた 受診相談サービスの提供は、国内生命保険会社初のサービスとなります(2021年6月30日時点当社調べ)。

1.「AI受診相談ユビー」の概要

「AI受診相談ユビー」は、Web上でAIからの症状(病気の状態)に関する質問にお答えいただくと、現在の症状と関連性の高い「疾患やその情報」、「受診すべき診療科」、「近隣の医療機関」を確認できるサービスです。インターネット環境があれば、24時間いつでもすぐに利用でき、些細な症状でも気軽に相談いただけます。また、医療機関での早期受診のきっかけとなり、受診遅れによる重症化の予防が期待できます。 お客さまへ「健康で安心なくらし」をお届けするサービスの一つとして提供を開始します。

2.サービスの提供方法

当社代理店からご案内するチラシや「ご契約内容のお知らせ※1」に記載した二次元コードをスマートフォンで読み取り、サービスをご利用ください。利用料は無料※2です。
※1:当社ご契約者さま向けに毎年ご案内する資料
※2:サービスの利用のためにかかる通信費はお客さまのご負担となります。
2021年10月26日に、スマートフォン向け健康管理アプリ「ココカラダイアリー」の機能を拡充しました。本アプリは、2017年のリリース以来、企業の健康経営推進にご活用いただくなど、皆さまからご好評いただいています。
今回、食事記録機能の利便性を向上させ、ご利用いただくお客さまの健康管理をさらにサポートしていきます。MS&ADインシュアランス グループは、今後も健康支援サービスを提供し、お客さまの「元気で長生き」をサポートしていきます。

1.「ココカラダイアリー」の概要

本アプリは、カラダの健康を支える3要素「運動・食事・睡眠」をはじめとする10項目の健康データの記録機能とストレス状態のセルフチェック機能により、日々のココロとカラダの健康づくりをサポートします。また、法人のお客さまには、歩数ランキングや健康ポイント管理機能を加え、従業員のアプリ利用状況を集計・確認できる専用Webサイトを提供しています。

2.機能拡充の内容

健康づくりに重要な食事記録機能の利便性を向上させ、ご利用しやすくなりました。

(1)食事写真の分析機能
食事の写真を撮影するだけで、AIが分析し、メニューとカロリーを表示、簡単に毎日の食生活を記録する ことができます。

(2)

PFCバランス※表示機能
三大栄養素である「P:タンパク質」「F:脂質」「C:炭水化物」の目標値と摂取量が確認できるようになりまし た。健康の増進・維持に向けた、バランスのよい食事をとるための指針としてご活用いただけます。
※三大栄養素の摂取カロリーに占める割合を示した比率。
 厚生労働省の推奨する摂取割合は炭水化物:50~65%、脂質:20~30%、タンパク質:13~20%

「ねんきん定期便」をお客さまのタブレットのカメラで撮影し、 AI-OCR※1を用いて読み取った情報から公的年金の受給額を試算する「撮るだけねんきん試算」 の提供を開始しました。公的保障の仕組みは複雑であり、お客さまご自身で試算するのは容易ではありません。当サービスをご利用いただくことにより、簡単に公的保障の受給額を確認することが可能になります。たとえば、老後に受け取る年金に加え、万一の場合に遺族が受け取る年金、働けなくなったときに受け取る傷病手当金や年金の金額の目安を簡単に試算できるほか、「ねんきん定期便」の見方がわからなくても、試算に必要な情報はAI-OCR を用いて自動的に取得できるなど、お客さまの利便性向上に大きく貢献しています。
女性活躍推進企業として厚生労働大臣から「えるぼし」の2つ星認定を取得
「えるぼし」認定とは、女性活躍推進に関する取組みの行動計画の策定・届出を行った企業のうち、取組みの実施状況が優良な企業が厚生労働大臣より認定を受けるものです。本制度は、5つの評価項目「採用」「継続就業」「労働時間等の働き方」「管理職比率」「多様なキャリアコース」から、基準※を満たした項目数に応じて1段階から3段階で認定されます。
※各評価項目の基準値等詳細は厚生労働省のホームページをご参照ください。
「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」(ホワイト500)に認定!
特に優良な健康経営を実践する優れた企業として、経済産業省および日本健康会議が主催する、「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」(ホワイト500)に5年連続で認定されましたので、お知らせします。
当社は引き続き、グループの経営理念ならびに当社の目指す姿の実現に向けて、多様な社員が日々働きがいを感じて業務に邁進することができるよう、社員の健康づくりを推進していきます。