RECRUIT 2021

ENTRY MYPAGE

潜在マーケットの開拓で
さらに多くのお客さまに
想いを広げる。

03 宮後 隼人

2014年入社(中途)
東京企業第一営業部・営業第三課
※現在:商品部・商品開発グループ

大学では建築学を学ぶが、異分野の証券会社に入社。その後、外資系生保会社に転職し、リテールマーケットの代理店営業を経験。より広大なマーケットを有する損保系生保で、新たなチャレンジがしたいと、三井住友海上あいおい生命に中途入社。

新たなチャネルづくりのための
アプローチ手法や提携スキームの構築。

当社は、MS&ADグループの中核生命保険会社として、きわめて大きな規模のマーケットを抱えています。私の役割は、三井住友海上の上場企業担当者と連携しながら、新たな生保マーケットを開拓することにあります。まだ未開拓の、眠っているマーケットはどこにあるのか、有力な業界や業態をリサーチし、アプローチ手法や提携スキームを構築することで、新たなチャネルをつくり上げています。
実際にそのチャネルが起動し、成果を出すまでには何年もかかり、長いスパンのなかでの緻密な計画と忍耐強さが必要になります。それだけに確固としたチャネルが確立され、軌道に乗れば大きな成果へとつながるダイナミックな仕事です。またこの仕事には、提携先はもちろんのこと、全国の当社支社も含め、関係する部署も多く、一つのプロジェクトを動かしていくような難しさと面白さがあります。一つのチャネルの確立が、さらに多くのお客さまへと想いが伝わり、とてもやりがいのある、社会的意義の高い仕事だと思っています。

緻密な募集スキームの構築で、
全国トップクラスの実績へ。

例えば、私が入社以来手がけているプロジェクトの一つに、ブライダル業界があります。このプロジェクトは、全国にある結婚式場を介して生命保険を販売していこうというものです。当初、1年半ほどはまったく実績ゼロの状態でしたが、現在、4年目を迎え、全国トップクラスの実績を上げるまでに成長しました。現在では、全国対応も含めて、20名程度のチーム体制で、複数の案件が同時進行しています。
結婚式場のスタッフの方は、当然ながら生命保険に関する知識もありませんし、本業外となりますので販売に対するモチベーションが高いわけではありません。結婚というライフイベントの機会に、ライフプランの一つとして保険を提案することが、本業支援につながるサービスであることを理解していただく必要があります。だからこそ少しでもご提案しやすい環境を整えるため、緻密なマニュアルが必要不可欠です。

チームで達成する充実感と喜び。
新たな環境で大きな成長を遂げる。

前職ではリテールマーケットの代理店営業でしたので、改めてマーケットの規模の大きさを実感しています。と同時に、前職では代理店対営業担当者という1対1の関係でしたが、現在の仕事はチームで協働するというスタイルですので、チームで協力しながら一つのゴールを目指し、達成するという喜びと充実感があります。実際、このブライダル業界プロジェクトは、その募集スキームが評価され、優れた取り組みの一つとして、チーム全体で社員表彰を受けました。
私自身も、入社以来、新たなマーケット開拓に関わることで、大きな成長とこれまでにない経験をしたと思っています。入社3年目には、エキスパート社員認定候補に選ばれ、役員の方々を前に、今回のプロジェクトのプレゼンをさせてもらい、エキスパート社員の認定資格を得ることができました。現在、エキスパート社員は営業担当者の2%ほどですので、名誉ある資格をいただいたと思っています。もともと新しいことに挑戦することが大好きですので、これからもさらに当社の大きな潜在マーケットの開拓に挑戦していきたいと思っています。

COLUMN

中途入社の視点から見た、
三井住友海上あいおい生命の強みとは

前職と比べての大きな違いは、グループとしてすでに取引をいただいている企業やマーケットの規模が非常に大きく、損保と連携しながら積極的にアプローチができる点です。生保を始めとする多くの営業は、新規のお客さまと継続的に接触することが最大のハードルであり、最も労力を要します。三井住友海上あいおい生命では、すでに取引をしている企業やマーケットに対してアプローチができるため、多くのビジネスチャンスに恵まれていることが、前職との違いであり、魅力だと思います。