RECRUIT 2020

ENTRY MYPAGE

会社の持続的成長を支えるのは、社員全員が、イキイキと「自分にしかできない仕事」に挑戦し続けるその力の集合体です。
三井住友海上あいおい生命は、その力を100%発揮してもらうために、働く環境の整備を行っています。

子育てと仕事の両立支援

多面的な育児支援制度

育児の段階や事情ごとに多面的な制度を整備しています。そうすることで、個々の事情に合わせて社員を後押しします。

制度活用ツールの提供

「利用できたはずの制度を見過ごす」ことがないように、育児支援関連制度全体が一目でわかるツールを全社員に開示しています。

復帰前面談の実施

産育休から復帰する1ヶ月前に上司と面談し、「職場のサポート体制」「復帰後の働き方」などを話し合う場を設けています。

※一定の条件を満たす場合に利用できるものもあります。

特別な事情で復帰が難しいケースもありますが、ほぼ100%近くが、産休・育休から復帰して活躍しています。

産育休復帰率

育児休業給付金

育児休業開始後7ヶ月目以降、所定の月例給の10%が給与支給日に支給されます(12回限度、全域・地域社員のみ)。

※雇用保険法による国からの給付金もあります。育児休業期間に応じた「育児休業給付金」を支給

育児両立支援給付金

育児休業終了日の翌日が属する月から、子が満3歳に達する誕生日の前日が属する月まで、毎月10,000円が支給されます。(育児休業を1ヶ月以上取得した全域・地域社員のみ)

「ママプクWorking!」

女性社員の産育休からの復帰を支援する一連の活動を「ママプク」と名付け、全社的に運動を行っています。

介護関連制度

介護休業、介護休暇、介護のための勤務時間特例措置、積立休暇、介護のための私有車通勤など、介護関連制度を整備し、働きやすい環境を整えています。

制度があるだけでなく、
しっかり運営されていることが
何よりも大切。

定形 桜

人事総務部 人財イノベーショングループ 副長

産前産後休暇、育児休暇取得

産休・育休を合わせて1年8ヵ月ほどの休みをとらせていただきました。通常は予定日の前後8週間が産休で、子どもが1歳を迎えるまでが育休となっていますが、保育園に入園できない場合は子どもが2歳を迎えるまでに延長できるなど、各個人の事情に応じた緩やかな制度になっています。私自身、保育園に入園することができず、半年間延長し職場に復帰しました。産休・育休を経験し、制度のありがたさはもちろん、一緒に働く部署の仲間の理解がいかに大切かを痛感しました。産休前の仕事の引き継ぎから、復職後の担当業務内容など、さまざまな不安がありましたが、時短勤務や在宅勤務制度などを活用するとともに、何よりも職場のメンバーのフォローとサポートで、とてもスムーズに復職を果たすことができました。

産前産後休暇、育児休暇の流れ

産休・育休中は、仕事から離れ、大きなブランクが空いてしまいますので、復職後、きちんと業務を果たすことができるのかと不安でいっぱいでした。しかし、職場のメンバーが定期的に情報連携してくれたおかげで会社とのつながりを感じることができました。また、産育休者は復帰前に上司と面談する決まりになっているので、不安を払拭して復帰することができました。現在は、社員全員の働きがいの向上や組織として社員をどう成長させるか、といった人財育成の取り組みを考え、推進する仕事に携わっています。
どんな素晴らしい制度があったとしても、職場の理解も含め、しっかり運営されていることがとても重要だと、産休・育休の経験を経て、実感しました。